青春アニメのアイドル版といえるAKB0048

アニメでもAKB48を応援することができるAKB0048は、推しメンがいてもいなくても感動がある青春アニメです。

オンラインビデオ配信サービスでAKB0048を見たときに、実在の彼女たちと重ねて見てしまいとても胸が熱くなりました。

アニメの中で世襲制の世界観はまるで歌舞伎みたいだなと思いましたが、それも含めて面白いところです。

自分の中の才能という輝きに気づけずに凪沙はいましたが、友達でありライバルである園智恵理との切磋琢磨が見ていて青春だなと感じるところです。

凪沙に比べてあっちゃんを襲名するため努力する園智恵理はプロ意識が高く、凪沙と衝突を繰り返します。

しかし、凪沙も園智恵理もみんなの笑顔がみたいという意識は同じで、フォアザチームなところです。

アニメの中にはAKB48の歌がたくさん使用されていて、感動的な場面では涙を誘います。

また、アニメのキャラクターが本物そっくりにCGでダンスをするので、迫力があるライブシーンに仕上がっていて、思わずノリノリになります。

声優はAKB48のメンバーなので、プロの声優に比べて頼りない演技のところもありますが、それを補うように彼女たちの必死さも伝わってきます。

AKB0048では未来の宇宙を舞台に戦いのシーンがあるのですが、私としてはもっと日常生活のシーンを見たいと思うほど、普段のシーンは女の子らしくふんわりして可愛いです。

キャラクターの衣装や普段着もかわいいので見ていると顔がにやけてしまいそうになります。